産後セックスレスには

その夫婦ごとにいろいろなきっかけが

あると思います。

 

その中でもよく言われる

一般的な原因は…

 

女性側

  • 産後のホルモンバランスや生活リズムの変化で性欲がなくなる
  • 夫とのセックスが苦痛(痛み・眠さなど)で拒否したくなる

 

男性側

  • 産後「母」となった妻を「女」として見られなくなる
  • 年齢とともに精力が衰えてくる

 

…と、このように書かれているのを

よく目にしますよね。

 

でも私はいつもこう思っていました。

「そんな箇条書きで書き表せるような

簡単なものじゃないの!!」と。

我が家の場合はというと、

確かに私自身、一時期性欲は減退していたかもしれません。

でもそれは、本当に性欲がなかったのか

諦めてその欲に蓋をしていただけなのか

今となってはわからないです…。

 

1つ言えるのは、

育児も本当に大変で、

夫との関係も本当に良くなくて、

辛くて孤独で必死だった…ということです。

 

夫との産後のセックスは、

確かに気持ち良いものではなかったけれど

それでも、拒否したくなるほど

苦痛に感じた…なんてことは全くありません。

子供が小さいうちは確かに、

とにかく寝たかった…。

でも、もし夫からの誘いがあれば

眠くたって応じたと思います。

 

一方、夫はどうでしょうか。

『妻のことを「女」として見れなくなった』

これに関しては、

正直に言って妊娠前から「女」として

見てもらっていた実感はありません(汗)

 

交際時〜結婚後妊娠までの期間、

セックスはそれなりにしていました。

でも、夫から「女」として求められてる!

と思ったことはあまりありませんでした。

 

『年齢とともに精力が衰えてくる…』

それはもしかしてあるのかな?と

私は思っていました。

でも実際は、

セックスレス中も夫はせっせと

一人で性欲を解消していたことを

後から知りました。

つまり、全然精力衰えていません!

では我が家の産後セックスレスの原因って

何だったんだろう…?

 

そう考えてみるのですが、

「原因はこれ」だなんて簡単には言えないくらい

本当に些細なことから大きなことまで

いろいろな要因が複雑に絡んでいたと思うのです。

 

それに、「産後セックスレス」だけに

フォーカスするとその原因を探りたくなるけれど、

そもそも「産後セックスレス」自体が

結婚生活、夫婦関係、人生という大きな柱の中の

1つの出来事(というと少し軽くなってしまいますが)

だと思うんですね。

 

産後のホルモン、性欲の低下…などなど

いろいろそれらしい原因をあげようとすれば

あげられると思うのですが、

 

それまでの夫婦関係、それぞれの性格や生い立ち、

その時の置かれた物理的環境や社会的立場、

子供の状況…

気持ちのすれ違い、誤解…

そしてもちろんホルモンバランスや性欲、

体調…

 

本当にいろいろなことが絡んでいると思うんです。

 

だから当然「解決策はこれ!!」なんて

簡単なものじゃないですし、

夫婦の数だけ解決への道も違ってくると思います。

 

…と、こう話してしまうと、

問題の根が深すぎて解決なんてできないんじゃない?

と思ってしまいそうですが、

 

実際私たち夫婦は信じられないくらいにあっさりと

セックスレスを解消することができました。

そんな私が伝えたいことは

ネット上にたくさん散らばる

「産後セックスレスの原因」や「解消法」を

気にしすぎなくていい!ということ。

 

このサイトの中では

私たち夫婦のエピソードを紹介していますが、

これもあくまで我が家のパターンであるだけです。

 

偉そうな提言はできませんが、

どなたかにわずかでも望みをもってもらえたり、

参考にして頂けるのなら幸せだな

という気持ちでこれからも

書いていけたらと思っています。