レス解消後が順調な理由を考えてみた

一人目を出産して1年くらいしてから

主人の誘いがあり夫婦生活を再開したのですが

結局その後もレスのままで、

何ヶ月も空いた後の久々の夫婦生活で

二人目を妊娠。

 

その後長い長いセックスレス期に突入しました。

こんな過去があったので、

今回7年ぶりにセックスレスを解消できた時も

「またこれっきりでレスに入るのかな」

となんとなく思っていたんです。

 

ところが、

あの日を機会に、過去にないくらいの頻度で

夫婦生活を持つようになりました。

交際していた時からすると

もう夫とは15年以上の付き合いなのですが、

夫婦生活がこんな満たされていた時期って

過去になかったので

自分でも驚いています。

 

なぜ今回はレスにならずに

お互いがセックスに満足できているんだろうかと

考えてみると…

 

「お互いが夫婦生活に対してポジティブであること」

「もっとよくしたい!と向上心(笑)をもっていること」

 

この2点が、過去の私たちとは違う点だ!

と気づいたんです。

 

お互いが夫婦生活に対してポジティブ

これはレスになったことのない夫婦にとっては

ごく当たり前のことかもしれません。

でも、何度もレスを経験していると、

セックスに対する気持ちは決してポジティブとは言えず、

どちらかといえばネガティブな気持ちに

引っ張られるようになります

 

誘ってもきっと嫌そうにされるんだろうな…

気持ちよくなれないんだろうな…

終わった後、また虚しくなるのかな…

相手はしたいと思っていないんだろうな…

 

などなど。

(全て経験あり…)

 

でも、レスを解消した今は

こういうネガティブな気持ちが

少なくとも私にはありません。

そして恐らく、夫も同じだと思います。

私たち夫婦は、性に関する話題を

なかなかオープンにはできない…と前に書きましたが、

そんな関係でも

したい時にしたいと伝えることに抵抗がなくなったり、

途中でも自分の気持ちを伝えることができたり…と、

私たちにしては「かなり!!」

ポジティブになれているんです。

 

じゃあ、なんでポジティブになれたのか?というと、

直近のレスが7年間とあまりにも長く、

解消した際のセックスがすごく良く思えたことが

1つのポイントかなと思います。

 

7年前はまだ子供も小さくて私も若かった…

でもこの7年で

子供たちの育児や家事に奔走し、年齢も重ね

日頃の疲れやストレスもなかなかなレベルにあることが

日常的になっていました。

 

7年間、夫に癒されるということがなかったので

なんとなくいつも心が張り詰めていたんですが、

7年ぶりのセックスで

「肌が触れ合って交わることってこんなに癒されるんだ!」

と感じたんです。

その時のセックスは本当に久しぶりすぎたので

「ものすごく快感だったか」と言えば

そこは正直微妙なところでしたが、

心はとっても満たされたんですよね。

 

一方夫はといえば、後から聞いた話ですが

同じく7年ぶりのセックスが

「本当に過去にないくらい最高だった!」

というのです。

恐らく夫も私と同じで、

精神的に満たされた部分も大きかったのではないかなと

思います。

 

夫婦揃って、ある意味「成功体験」を共有できたことで

「よし!またやってみよう!」

とポジティブな姿勢になれたのは間違いないです。

 

もっとよくしたい!と向上心をもっている

これは過去にはなかった気持ちです。

夫婦歴が長くなると、

セックスもマンネリになるのは

致し方ないのですが

それがレスの原因に繋がったりもしますよね。

 

昔の私たちは、

「もっとよくしたい!」なんて思っていなくて、

ただただいつものようにする、それだけでした。

 

でも今回のレスを解消してからは、

「もっともっと満足度を高めたい〜」

とある意味貪欲になっているんです。

 

例えば、以前ご紹介した『ベッド専用香水』!

>>リビドーロゼの実体験はこちらにまとめています

レス解消の影の功労者でありますが(笑)、

なんだか普段家でセックスするのに

香水をつけておくって、やる気満々で

昔の私なら無理でした。

でも今は、つけてます(笑)

 

つけずに始めた時も、夫が

「いい匂いのつけて〜」と言ったりするので

その場でシュッとしたりします。

 

それから、今まで使ったことがなかった

ローションを使ってみたり。

 

ベッド専用香水 を買ったお店で

他のグッズを色々と眺めて検討してみたり!

 

夫のほうも、かつてないほど

いろんな技術を駆使してきます(笑)

 

こんな風に、

「自分の欲望に素直になって楽しもう!」としたり

「もっと二人が気持ちよくなれたらいいな〜」

と思ったり…

これまたかつての私たちでは考えられないほど

向上心に溢れているんです(笑)

 

結論!性に対してポジティブかつ貪欲になったから!

性に対して、全くオープンでなかった二人が

ここまで変われたのは、

年齢を重ねたことや、日々の責任の重さの変化や

性欲の変化…などいろいろな理由があると思います。

7年のレスが逆に良い効果をもたらしている…

とも今になれば考えられなくもない…かもしれません。

 

いずれにせよ、

今では「もう当分レスにはならないんじゃないか」

と思えるくらい、夜の時間を楽しめています。