旦那たちが、妻とセックスしない理由は

夫婦によっていろいろだと思いますが、

定番なのは

  • 疲れているから
  • めんどくさいから

 

ですよね。

 

前回記事にした通り、

私の夫も以前はセックスに対するモチベーションが

割とネガティブで

基本的には

「疲れてるのに」「面倒くさい」と思っているタイプでした。

 

でも去年、

セックスレスを解消してからは

それがまるっきり変わって、

 

今に至るまで

「疲れてる」とか「面倒くさい」というのを

感じさせたことは1度たりともないんです。

 

この驚きの変化の理由って

なんなんだろうと思い、

ちょこちょこと夫から聞き出した

夫の気持ちも踏まえて

いろいろと考えてみました。

 

面倒くさがりだった夫が変わった理由は?

 

なぜ夫が

セックスを面倒くさがらなくなったのか!?

 

それは、

セックスが面倒くさくなくなったから

まぁ当たり前なのですが(笑)。

 

じゃあなんで

セックスが面倒くさくなくなったのか…

と考えてみると、

いろいろな可能性が思い浮かびました。

 

セックスに対する義務感がなくなった

この「義務感」、

夫は昔、すごく感じていたようなんです。

 

自分はそこまでしたくないけど、

付き合ってるし…、夫婦だし…、

それなりにしないといけないからしておくか。

 

みたいな感じで。

 

これって私の立場からすれば

すごくショックな話ですけれど、

 

そう考えている男性って

意外と多いのかもしれないです。

 

男性は、別にセックスしなくても

性欲は一人でいくらでも解消できるので

あえてセックスするメリットがない!

言い放つ人もいるでしょうね。

 

夫もそうだったんだと思います。

 

別にしなくてもいいものを

しないといけない…っていう義務感で

セックスをするストレスが積み重なり、

 

妊娠とか出産というタイミング

(夫にしたら好都合?)で

面倒なセックスから解放される!

という感じでしょうか。。

 

でも今では、

夫自身が「セックスしたい!」と思っているので

(現に私からはほぼ誘っていないし、

夫からは週2〜3でお誘いがあります)

過去縛られていた「義務感」が

今はすっかりなくなっているのがわかります。

 

 

妻の放つ香りで性欲を刺激されるようになった

これは

私たち夫婦にとって

かなり大きな革命をもたらしてくれた

あの香水ですね。

>>夫婦に革命をもたらしたベッド専用香水とは

 

以前は、

自発的に私にたいして性欲が湧いてくる…

なんてほとんどなかったと思うんですが(涙)、

今は私が甘いフェロモンを撒き散らしているのでw

自然とスイッチが入る…

 

というのも以前とは大きく変わった点かなと

思います。

 

以前は

「そろそろしなくちゃいけない」という義務感で

スイッチを無理やり入れていたのが、

今では

「あぁーしたくなってきた!」と性欲が湧いて

勝手にスイッチが入る…という

 

生物としてすごく自然な流れに

なっているんだと思います^^

>>男性にとっての「いい匂い」はやる気スイッチ!

 

前戯をしなくてもOKになった

「面倒くさい」の8割を占めている気がする「前戯」。

以前は私も、

前戯は当然!という考えだったので

夫も型通りに

 

・まずベッドでいちゃいちゃして誘って…

・いちゃつきながら服を脱がせ…

・下着の状態で優しくあちこち愛撫して…

・下着を脱がせ…

・・・・

 

という感じで、前戯をしてくれてました。

 

でも、「前戯はいいや!」という考えになった

今の私はこう思います。

 

「これって面倒くさすぎ!」(笑)

 

面倒くさがりの夫にしてみたら、

それはそれは

相当面倒くさかっただろうなーと思います(笑)

 

男性は、簡単に言っちゃうと

とにかく挿れたいわけですよね?

そこにたどり着くまでに

どれだけの段階を踏まなければいけないことか…。

 

それを愛おしいと思いながら

丁寧にしてくれる男性もいますし

それが自分の夫なら本当に最高ですけど、

 

私の夫はそうではないわけで…^^;

 

その辺りを全て受け入れて、

前戯は重要視しない!という方針にしたのも

夫の負担を相当軽くしたんじゃないかなと

思います。

 

ちなみに、私は服も自分で全部脱ぎますw

そこからスタートなので(笑)

 

「面倒くさい」パートは相当省略しています^^

 

セックスで満足感を得られるようになった

夫は「義務感」とか「面倒くさい前戯」

などから解放されて、

純粋に気持ちのままにセックスを楽しめるようなって、

満足度がかなり上がった様子

 

以前にはなかった

セックスに対するプラスの記憶が

どんどん蓄積されているようなのです。

 

こうなると、プラスのスパイラルが

生まれてきますよね^^

 

レス解消後の夫婦生活も

安定軌道に乗ってきた感があります^^

 

男としての自信を得た

夫がセックスに対して前向きになるということは

私もセックスに対してストレスを感じることが減り

満足度が上がるということ。

 

夫いわく、以前は

「本当に気持ちいいのかな?と常に思ってたし

 どうしたら喜ぶかも全然わからなかった」

そうなのです。

 

これって、ちゃんと伝えていなかった

私にも責任はあるのですが、

 

今はその辺りもちゃんと伝えているし、

私の反応もいいのでw

夫は自信をつけているようなんです(笑)

 

セックスの場面で男の自信をつけるって、

男性が社会で生きていく上でも

すごく大切なことだと思うんですよね。

 

以前は最中ほぼ無言だった夫も

今では声をかけてくれたり笑顔があったり…と

その様子からも自信が伺えます^^

 

妻の機嫌がよく愛情が湧くようになった

長いセックスレスを解消して、

夫婦生活も円滑になって、

お互いの満足度も上がって

夫婦関係そのものも好転してきた…

 

となれば私の機嫌も当然、良くなります♪

 

仕事から帰宅して、

妻が機嫌がよく、お互い笑顔で会話も弾んだら…

愛情も増してきますよね♡(自分で言いますw)

 

 

やはり、こうやって夫婦関係が良くなっていくと

例え長年のレスで夫婦間が冷え切っていたとしても

愛情ってまた復活するものなんですね^^

 

「面倒くさいから」は変えられる!

私の勝手な想像を含めて

「夫がセックスを面倒くさがらなくなった理由」

を挙げてみましたが、

 

確実に言えるのは

 

「セックスが面倒くさい」という価値観は

きっかけさえあれば

変えることができるということです。

 

30代40代男性が

セックスをしない理由のダントツだった

「面倒くさい」「疲れてる」。

 

一生その価値観のまま行くなんて

寂しすぎますよね。

 

価値観が変わるかどうかは

本人の経験や感情によるのでコントロールできないけれど

そのきっかけを作ることは

妻側だってできますよね!

 

 

「面倒くさいから。。。」

なんてそんな寂しいセリフを聞かなくて済むよう

あれこれ試す価値は大いにあると思います。

 

 

「セックスが面倒くさい」なんていう

寂しい価値観、壊しに行っちゃいましょう^^