セックスレスに陥ってしまう原因は夫婦によって様々ですが、

「産後セックスレス」に限って言えば、

産後の生活パターンの変化、女性側の心身の変化、

それに伴った夫婦関係の変化

大きな原因になっていることは明らかですよね。

 

産後数年経って、その状況の深刻さを初めて直視し

「なんでこうなっちゃったんだろう」

「どうすればこの状況を変えていけるだろう」と

先が見えなくなる方も多いと思います。

 

そんな時、

あまり事態を複雑に考えすぎず、

シンプルに「夫婦二人だけの時間を作る努力をしてみる」

というところから始めてみるのがいいかもしれません。

 

産後、夫婦二人だけの時間取れていますか?

産後の女性は家事に育児に、朝から晩まで時間に追われています。

夜は子供と共に寝落ち…

なんとか目覚めてリビングに戻ってきたとしても

残りの家事を片付け明日の子供の支度をして、

旦那さんの夕飯の支度や片付けをして…

 

と本当に1日中家族のために動き続けていますよね。

 

一方で、男性たちは働き盛りで夜遅くまでの残業もしばしば。

 

こういうスタイルは

決して理想的ではないけれど

今の時代、日本ではこれが当たり前ですよね。

 

こんな生活の中で、夫婦二人だけの時間なんて

自然にはなかなか生まれてきません。

 

「会話レス」「笑顔レス」「スキンシップレス」

となった夫婦が「セックスレス」になっていくのは、

自然すぎる流れですね。

 

普段、「母として」「家族を支える夫として」

心を張り詰めて頑張っているのですから、

 

夫婦二人でお互いの話を聴きあって、

「張り詰めた心をほぐす」ことを意識していくと、

少しずつセックスレス解消へも近づいていけると思います。

 

産後どうやって夫婦二人だけの時間を作る?

とはいえ、こんな忙しく疲れきった日々の中で

どうやって二人だけの時間を作ればいいでしょうか…

 

こんな方法はどうでしょうか。

 

「夫婦二人の時間を作る日」を定期開催する

毎週◯曜日は必ず夜二人の時間を作る!

と決めてしまいます。

毎週の定例イベントと見なしてしまうんです。

ただ「二人の時間」だけだとすぐ消滅してしまいそう…

という場合は、

「毎週◯曜日は、晩酌しながら話す日」とか

「◯◯のケーキを買ってきて二人で食べる日」とか

何か追加要素をつけてもいいかもしれません。

 

仕事が忙しい旦那さんでも、週に1回くらいなら

スケジューリングできるのではないでしょうか。

週1が難しかったら月1でもいいと思います。

 

要は、夫婦二人の時間を

「取れたらいいな」ではなくて

「確保しなければいけない」と認識して、

定例イベントとして時間を作っていくことが大切です。

 

記念日を二人だけで過ごす

「結婚記念日」「交際記念日」など

夫婦で大切にしたい記念日を二人だけで過ごしてみます。

これはなかなかハードルが高いかもしれません。

我が家でもなかなか達成できていません。

 

でももし、子供を預けられる環境があるのであれば

思い切って子供を預けて二人で外食に出かけてみませんか?

 

そんな時には、子供の話でもなく仕事の愚痴でもなく、

昔の二人の思い出や、将来の話…などできたら

なおいいですよね!

 

二人きりで外食…は「非日常」でもあるので

二人の関係に良い刺激になることは間違いないですよ。

>>産後セックスレス解消のきっかけに「非日常」効果は絶大!

 

決まったテレビ番組を一緒に見る

二人で会話する時間を作るのはいまさら恥ずかしい…

という方はこれもいいかもしれません。

定期的に時間を作る!という意味で、

連続ドラマがより良いですね。

 

動画配信サービス なら、過去のドラマもなんでも見られるので

選択肢に困らずおすすめです。

↑ 今なら31日間無料キャンペーン中だそうです!

 

二人で1時間一緒にテレビをみれば

その後自然とその感想を語り合うことになります。

 

ドラマの世界に現実逃避しつつ、

その時間を夫婦で共有して会話ができたら

自然と笑顔も出てくるのではないでしょうか^^

 

夫婦の心をほぐした先にセックスレス解消はある!

我が家もそうだったように、

産後セックスレスに陥った経緯を考えると

確実に「夫婦の時間が足りてない!」ということが

わかります。

 

「セックスレス解消」をいきなり目指すのではなく、

まずは夫婦の交流を持ち

凝り固まって、張り詰めているお互いの心をほぐすこと

最終的にはセックスレス解消にも繋がっていくと思います。

 

自分たちにあった「二人だけの時間」の作り方を考えてみて

できることから始めてみたいものですね!

 

我が家も、今年の結婚記念日は

夫婦だけで過ごせるように計画を立ててみたいと思います。