セックスレスの解消法の1つとして

「旦那さんの性的嗜好をリサーチしましょう」

というのをよく見かけませんか?

 

百歩譲って、

レスにもなっていない仲良し夫婦で

さらにそういった部分にオープンなのであれば

可能だと思うけれど…

 

セックスレス中の関係で、

旦那さんの性的嗜好をリサーチするって

いろいろとハードルが高くないですか?

 

そもそも性的嗜好のリサーチって必要なのでしょうか?

 


旦那さんの性的嗜好を探る意義は?

ネットで「セックスレス解消法」の1つとして

「旦那さんの性的嗜好を探ってみましょう」という方法を

提案している場合、

具体的には

  • 旦那さんの好みのタイプなどを知っておく
  • アダルト動画などで好きなプレイの傾向を知っておく

 

ということを提案していて、

その理由は

  • 旦那さんのタイプの女性に近づき、好みのプレイをすれば
    旦那さんの性欲が目覚めるかも!

という流れです。

 

うーん…

やはりこれって

充実のセックスライフを送る夫婦がすることのように感じるのは

私だけでしょうか?^^;

 

性的嗜好のリサーチ方法とリサーチを阻む壁

性的嗜好のリサーチ…

その方法を考えてみます。

 

① アダルト動画の履歴をチェックする

これ以外に方法がない気がしますよね(笑)

アダルト動画の履歴…

チェックしたことある方って

多いのでしょうか?

 

私は遠い昔、まだ交際中に1度

夫のパソコンを使っていたら

アダルトのフォルダを見つけてしまったことがありました。

 

「あれ…これって…」

 

と言うと、夫は相当慌てて

私からパソコンを奪い取りましたw

 

性格にもよると思いますが、

男性にとって

自分がどんなアダルト動画を見てるかって

きっとあまり知られたくない部分ですよね。

 

しかも最近は、

携帯のプライベードモードがあるので

履歴がそのまま残ってる…って

あまりないような。

 

少なくとも、私の夫は

履歴がわかるような状態には絶対していないし

(確認してないですがw)

そもそもお互いの携帯を自由に触るような関係なら

アダルト動画の視聴履歴は

綺麗に削除しておくのがエチケットでは?

私は思っています。

 

だから今の時代、

そう簡単にアダルト動画の履歴をチェックするなんて

できないような気がするのですが

どうなんでしょうか…

 

② 一緒にレンタルビデオショップへ行く

こういう提案をしているのを見かけたことがあるのですが、

妻と一緒にレンタルビデオショップの

アダルトコーナーへ入って

自分の好きなDVDを堂々と手にできる、

セックスレス中の旦那さんってそうそういますか?(笑)

 

むしろそこまでオープンなら

試せることはいろいろありそうですよね。

 

私の夫ならばこれも絶対NGですね^^;

 

そもそも旦那さんは妻にそれを求めている?

アダルト動画って

言ってしまえば妄想の世界ですよね。

妄想の世界を好きなように楽しむのは

全く問題ないと思いますが、

 

そもそも男性は

その好みの世界を妻にも求めるものでしょうか?

 

「セクシーな下着」の記事でも書いたように

>>セクシー下着は自己満足!?

求められるものなら求めたい…

という男性も一定数いるのかもしれませんが、

 

現実と妄想は別!

 

という男性も多いのではないでしょうか?

 

それなのに、

ひっそりと楽しんでいるアダルト動画の履歴を探られて

好みを知られるとか、

私が男性なら嫌悪感しかありません^^;

 

個人的にも、

アダルト動画の履歴を探ったりして

夫がどんな動画を好んでいるのかを知るのって

あまり気が進みません…。

 

いや、興味はありますよ?(笑)

でも怖いもの見たさ…というか、

興味はあるけど本当に知りたいかといえば

知りたくはない…という感じです。

 

それにもし、

引いてしまうような動画が出てきたら

そもそもの夫婦関係にいらぬ溝ができてしまいそうです!

 

夫婦の営みに

アダルト動画が関わってくるのも

個人的には嫌なんですよね^^;

 

妻とはセックスレス中なら

旦那さんがアダルト動画を頻繁に見ている可能性は

かなり高いと思いますが、

その領域に簡単に侵入するのは

いろいろな意味でなかなかリスキーではないかしら…

と私は思います。

 

旦那さんの性的嗜好リサーチはほどほどに…

「どんな動画みてるのかしら?」

というのは確かに気になりますよね。

 

ただ

性的嗜好をリサーチをすることの

メリットとデメリット…

いろいろあると思うので、

 

リサーチをする場合は、

デメリットに対する自分の耐性や

メリットを夫婦関係改善に活かせる自信があるか…

 

などなど慎重に考えてから実行したほうが良い気がします^^